四月一日さん家の

【四月一日さん家の(わたぬきさんちの)】ドキドキ前後生放送#5ダイジェスト【3姉妹】

スマホを眺める三樹

ダイジェスト

2019年5月18日土曜日深夜12時30分から放送された四月一日さん家のドキドキ前後生放送

「10代でしか味わいことを沢山やっていきたいと思います。」

そう語るのは、この日誕生日を迎えたときのそらさん
生放送では長くドラマに関わってきたこともあり、息のあった軽快なトークを繰り広げていた。女優同士の仲のよさ、そしてドラマでは3姉妹役を演じていたことから、”四月(わたぬき)シスターズ”という愛称で視聴者に親しまれている。

史上初のドラマ

史上初のバーチャルYouTuberを女優としたこのドラマ。話題性はもともとあったが、毎回ニコ生放送アンケートでは好評価98%を打ち出し、内容の質も視聴者のお墨付き。番組放送中には、多くの視聴者がツイッターにて”#四月一日さん家の感想”で感想をつぶやき、見事最新の第5話でもトレンドトップ10入りを果たした。(トレンドとは人気ワードのことで、短時間のうちに多くの人が同じワードを投稿すると、そのワードはトレンドとして順位づけされ、ツイッターの左側に表示される。ひとめで今現在なにが人気なのかわかるというものである。)
理由のひとつに、番組の製作はドラマに携わってきた人たちが集まっているからである。カメラーワークもドラマ、脚本もドラマ、間もドラマ、監督もドラマとなるのだ。一度どういう感じのドラマに仕上がっているのか見てほしい。ドラマの特徴は”ワンシュチュエーションコメディ”。基本的に1つの部屋の中から動くことなく、会話と女優さんの動きのみで視聴者を楽しませる演出である。海外のコメディドラマで有名だった”テラスハウス”に似ている。ドラマは、観客が見ているという設定もあり、時々笑い声も含まれている。この番組のプロデューサーである五箇さんは「ここで笑っていいんだよ」という指標をしめしていると語っていた。

渡辺監督が死去

四月一日さん家の監督の1人に”渡辺武監督”がいる最新話5と次回6話は、監督の遺作となる。「ご冥福をお祈りしたい」

ときのそらのやりたいこと

さて後半のドキ生では、誕生日を迎えたときのそらに”花束”が渡されていました。番組冒頭でも十代のときしかできないことをやりたいと語っていたそらさん。あらためて、双葉さんが「何か夢でもあるんですか?」と聞くと、「みんなとたくさん遊んで、いっぱいお歌が歌えるようにがんばっていきたいと思います」と語った。19ということで、19のやりたいこともちょっと前に考えていたとのことだ。まだまだ若い十代のVTuberの活躍を今後も期待したい。

次回のゲスト

そして、来週の前後放送は”そらさんとロボ子さん”です。

誕生日を迎えたみたいです!!

おめでとうございます!!!!

https://twitter.com/Sakurai_9/status/1131552890974134274

ツイッターで検索してみると、ときのそらさんととても仲が良く写真に写ってますね。

わたしも含め、ロボ子さんが気になる人はどんな方か調べてみましょう。

ではでは~

生放送ページ

過去の記事はこちらから

【四月一日さん家の(わたぬきさんちの)】ドキドキ前後生放送#4ダイジェスト【アリスコラボ】四月一日さん家のが放送された日に ドキドキ前後生放送がありました。 簡単にまとめてみました。 コラボゲストはにじさんじのJ...

四月一日さん家のドラマってどんな感じ?

nayamigirl
【四月一日さん家の】なぜドラマなのか?アニメじゃないの?【理由】”四月一日さん家の”はなんでドラマなのか?ちょっとした疑問を一緒に考えてます。...
こちらの記事もおすすめ!